公益財団法人 鹿島美術財団

  1. トップページ
  2. 美術振興事業
  3. 美術に関する国際交流援助

助成内容

助成概要

営利を目的としない以下①~④の事業に要する費用を援助し、
以て美術に関する国際交流を促し、国際的に美術の振興に寄与しようとするもの。

募集時期
随時
応募手続
援助を希望する2〜3ヶ月前までに、申請書及び必要書類等とともに郵送にて提出。
結果通知
申請書提出後3ヶ月程度
外国人研究者招致
  • 海外の研究者を海外の美術の紹介のために招致する費用の援助。
  • 海外の研究者を日本の美術の研究のために招致する費用の援助。
海外派遣
  • 海外の美術研究のため、国内の研究者を派遣する費用の援助。
  • 日本美術の紹介、或いは、在外の日本美術品を調査研究するため、国内の研究者を派遣する費用の援助。
  • 派遣期間は2ヶ月以内とし、渡航費・現地旅費及び滞在費等を援助。
会議出席
  • 海外で開催される美術に関する国際会議に、国内の美術研究者が出席する費用の援助。
国際会議開催
  • 美術に関する国際会議を国内に於いて開催する場合の費用の援助。

申請資格

(1)
申請者の国籍、所属機関、身分に特別の制限はないが、美術史、芸術学もしくは、それに相当する専門領域の大学院博士後期課程在籍者(過去に在籍していた者を含む)以上の 学歴及び業績を有するか、またはそれに相当する研究歴及び業績を有する者。
(2)
申請及び研究報告にかかる書類の作成や一連の手続を全て日本語で行える者。

助成金額

1件あたりの平均助成金額は70~110万円(2017~2019実績)

助成者一覧

応募の流れ

推薦
原則として財団が委嘱した推薦者、またはそれに準ずる美術関係者の推薦を受け、マイページをご登録いただきます。
マイページの登録
財団よりご案内する「マイページ登録案内メール」に記載されたURLにアクセスし、マイページの登録を行ってください。(既にマイページをお持ちの方は不要)
申請書の作成・提出
マイページにログイン後、「助成申請受付フォーム」への入力と必要書類をダウンロードし、申請書類を作成してください。
申請書の原本1部、コピー8部を、郵送にて提出してください。
審査
選考委員会等により書類審査を行います。
審査結果通知
申請書ご提出から3ヶ月程度後、審査結果を申請者と推薦者へ通知いたします。
助成金交付
助成金は原則として、来団日に申請者名義の銀行口座へ振り込みます。
採択通知受領後に来団日時を財団事務局とお打合せください。
報告書の提出
当該研究活動の終了後1ヶ月以内に報告書をご提出いただきます。 報告書は財団刊行の『年報』、『鹿島美術研究』(年報別冊)に掲載されます。

お問い合わせはこちら

ページの先頭へ